プチ援サイト

友達に頼まれて1日だけコンパニオンの仕事をしています。今回の会場は友達のお客さんが開いた誕生日パーティーでした。会場に行くとヤクザっぽい人がたくさんいて正直驚きました。まずはお酒を入れて歩いたり、料理を取り分けたりといろんなお客さんの席を歩き回りました。するとある1人のお客さんから「君、プチ援サイトとか利用したことある。君に似た人をプチ援サイトで見たんだけど。」「そんなサイト使ったことありません。出会い系利用されているんですか。」と、逆に質問して少し驚くお客さんもいました。さらに、飲み過ぎてトイレから出れないお客さんもいました。
ファッションヘルス
私はこれでも看護婦の見習いということもあってそのお客さんに付き添ってあげました。看護婦の仕事ではいろんな患者さんをみていたので、トイレで気持ち悪くなって吐いている人を見ても全然苦ではありません。そんな私に相手の男性はありがとうとお礼を言ってくれました。さらに、楽になってきたら今度は私に猛アピールしてきました。連絡先を交換して欲しい。住まいはどこ。など、いろいろ質問されて、正直今日しかこの仕事を手伝わないので質問の答えを適当に伝え、連絡先も今携帯を持っていないから分からない。番号も変えたばかりでまだ覚えていない。など、理由をつけて断りました。そして、2時間後に宴会も終わり私の仕事も終わりましたがあのお客さんはまだ諦めてくれませんでした。さらには私の友達に私の連絡先を聞かれそれを答えてしまいもう最悪です。
パトロンの作り方
パトロン募集

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。